恋愛は医学でわかる?!

アルコールを分解する肝臓に中性脂肪(中性脂質)やコレステロールが多く付着した脂肪肝(しぼうかん、fatty liver)は、肝硬変や糖尿病などの色々な健康障害の因子となる可能性があることをご存知でしょうか。

不整脈である期外収縮は、特に病気ではなくても症状が見られることがあるので深刻な心臓の障害とは限りませんが、発作が幾度も再三みられる場合は危険です。

30歳代で更年期が来たとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という疾患を指します(日本では40歳未満の女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(早期閉経)」と言っています)。

気分障害の一種であるうつ病では副交感神経が優位になると脳内で分泌される神経伝達物質の「セロトニン」が不足した結果、強い憂うつ感、不眠著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、強い焦燥感、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症化すると自殺企図などの様々な症状が2週間以上続くのです。

「体脂肪率」というものは、全身の脂肪の占めている割合で、「体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat、%)=体脂肪量(キロ)÷体重(body weight、キロ)×100」という数式で算出されます。

緊張性頭痛というものはPC使用などによる肩こり、首筋のこりから来る最も多いタイプの慢性頭痛で、「まるで頭を力いっぱい締め付けられるような強い痛さ」「重苦しい耐え難い痛みと言い表される症状が特徴です。

万が一婦人科の検査で現実問題として卵胞ホルモンと黄体ホルモンの分泌量が基準値を下回っていて早発閉経(そうはつへいけい・POF)だと分かったら、基準値に満たない女性ホルモンを補充してあげる治療方法で緩和できます。

薬や酒に含まれるアルコール、増粘剤を始めとした食品への添加物などを酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒(げどく)と呼んでおり、肝臓が果たす大切な活動の一つなのです。

食べ過ぎ、体重過量、運動不足、遺伝、不規則な生活、日常生活のストレス、老化などの様々な素因が混ざると、インスリン分泌が減ったり、機能が衰えたりして血糖値が高くなる2型糖尿病を発病することになります。

急性中耳炎は、最も代表的な中耳炎で子どもに発症しやすい病気です。
耐え難い耳痛や38℃以上の熱、赤い鼓膜の腫れ、耳漏(耳垂れ)などのありとあらゆる症状が発生するのです。

食中毒を起こすことで知られるブドウ球菌(staphylococcus、スタフィロコッカス)は紫色に染色されるグラム陽性球菌であり、大別すると毒力がきつい黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus…staphylo-は「ブドウの房」の意)と一方は毒素があまりないコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(coagulase-negative staphylococci、CNS)の2つが挙げられます。

クシャミや鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感覚などの花粉症の主な症状は、アレルギーの原因となる花粉の放出された量に比例したように悪化の一途を辿るデータがあるのです。

複雑骨折したことにより大量出血した場合、低血圧になって目眩や冷や汗、胸のムカつき、顔面蒼白、立っていなくても起こる意識消失などのいろんな脳貧血の症状があらわれる場合があります。

花粉症というのは、杉や檜、ブタクサなどの飛散するタイプの花粉がアレルゲンとなって、くしゃみ・皮膚のかゆみ・喉の痛み・鼻水などの色々なアレルギー症状を発症させる病気だということは、今や常識となりました。

トコトリエノールの機能の中では酸化を遅らせる機能が一番認識されていますが、更に肌をきれいに保つ効果や、血清コレステロールの生産を抑えたりするということが言われています。

顔などのたるみの原因は?

顔などのたるみは不要な老廃物や余分な脂肪が溜まることにより進行します。
リンパ液の流動が悪くなると様々な老廃物が蓄積し、浮腫が生じたり、脂肪が溜まり、たるみの主因になります。

「デトックス」というワード自体は聞き慣れてしまった感があるが、結局は健康法や代替医療のひとつに過ぎないのであり、医師が施す「治療行為」とは別物であると把握している人は思いの外多くないようだ。

頭皮の手入は別名スカルプケア(scalp care)とも言われるお手入れ方法です。
スカルプはヘアの症状である「抜け毛」「うす毛」などにとても密接に関わっていると同時に、顔のたるみにも悪影響をもたらします。

化粧の欠点:泣くとまるで修羅のような怖い顔になる。
僅かに多くなっただけなのにケバくなって地雷を踏む羽目になる。
素顔をごまかすには限界というものがある。

あなたには、ご自分の内臓は何の問題もないと断言できる根拠がどのくらいおありですか?“思うように痩せられない”“肌が荒れる”などの美容にまつわるトラブルにも、意外なことに内臓の機能がキーポイントとなっています!
患者さんはそれぞれ一人一人お肌の質は違いますし、先天的な要素によるドライ肌なのか、後天的な要素によるドライ肌なのかに応じて対応方法が異なってきますので、十分な配慮を要します。

女性誌や美容の書籍には、小顔や美肌、ダイエット成功、デトックス効果が期待できる、免疫力の向上などなど、リンパ液の流れを良くすれば全部思い通りになる!という華やかなフレーズが並んでいる。

容貌を装うことで心が活発になってゆとりができるのは、顔面にトラブルを抱えている人もいない人も一緒のことです。
私たちはメイクを自分で元気を見つける最良の方法だと認識しているのです。

デトックスというのは、様々な栄養補助食品の摂取及び入浴で、そういった人体の有害な物質をできるだけ体の外へ流そうとする技術のことだ。

よく目立つ目の下のたるみの解消・改善法で効果的なのは、ずばり顔のストレッチ体操です。
顔の筋繊維は知らない間にこわばってしまったり、心の状態に絡んでいる場合が頻繁にあるのです。

身体に歪みが発生すると、臓器は互いに圧迫し合うので、他の内臓も引っ張り合うため、位置異常、内臓の変形、血液・組織液・ホルモンバランスなどにもあまり思わしくない影響を及ぼすのです。

美容悩みの解消には、一番初めに自分の内臓の調子をみることが、美容悩みからの解放への近道です。
ということは、一体どのようにすれば自分の内臓の健康度がみられるのでしょうか。

アトピー性皮膚炎(あとぴーせいひふえん)を服薬だけで治そうというのは無謀な事です。
習慣や楽しめることなど暮らしすべての思考回路まで把握する診察が必要です。

特に就寝前の歯のブラッシングは大切。
溜まっているくすみを取り除くため、就寝前はきちんと歯をブラッシングしましょう。
しかし、歯のブラッシングは回数が多いほど良いというものではなく、そのクオリティに注意することが重要なのです。

夏、屋外で紫外線を浴びたときに極力ダメージを抑える方法を3つ紹介しましょう。
1.日焼けして赤くなっているところを冷却する2.ふんだんに化粧水をはたいてしっかり保湿する3.シミを防ぐために表皮を剥いては絶対にダメ